ナンパアドベンチャー

ストリートナンパにおける〝最強″を目指すノンフィクション物語。「ナンパ×ドラゴンボール」でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

♯0 てんしんという名のサイヤ人~物語のはじまり~

悟空4




古来より脈々と受け継がれている戦闘民族の血。

その血がてんしんの中にも流れている事に気づくのに、30年もの長い年月を要した。



フィクションによくある突然の天啓ではなく、徐々に気づかされた。心の奥に仕舞い込んでも、事あるごとにてんしんの中にある良識・常識・損得を突き破り、そいつは語りかけてくる。



「おまえはサイヤ人だ。闘え。そして今の自分より強いやつを倒せ。」




その衝動には逆らえそうもない。おれは自分の中に流れる「サイヤ人の血」を素直に受け入れることにした。



その日から、ひたすら自分の考えを紙に書き出しては、自分と向き合った。そしてその「サイヤ人の血」てやつを突き詰めて考えると、どうやらこの2点に辿り着きそうだ。



①己の強さを最大限まで高める

②自分が望む正真正銘の美女(戦闘力90以上)を倒す




サイヤ人の血は想像以上に単純だ。想いは定まった。あとは修行あるのみ。そして、その為に選んだフィールド、




それは「ストリートナンパ」だ。



なぜストリートナンパか。

・圧倒的な試行回数が可能である

・出会ったことのない強敵が無限にいる


この2点においてストリートナンパンに勝るものはない。



すぐさま行動に移した。手始めにしたことは二つ。



ひとつ目は、当時6年付き合い婚約までしていた彼女に別れを告げたこと。

もうひとつは、月に100~150時間費やしていた麻雀を絶つことにした。



これにより、時間と自由を確保できた。



さあ、冒険のはじまりだ。

これは今から1年5か月前に始まったナンパアドベンチャー物語である。



【ナンパ用語解説】
■戦闘力
俗にいうスト値と同義。街中で見かける女の子に、主観で付ける偏差値(容姿・雰囲気)のこと。通常は0~100までの段階評価で定められる。また多くの場合は正規分布を当てはめている。



 未分類

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。